ほら、夜空の中で一番明るい星は、まだ輝いている

星空遺跡のファンタジー冒険

ダーク(あなた)は北極探検隊の一員です。シベリアでの調査任務中に事故に遭い、深い氷河の割れ目に落ちてしまいました。目を覚ますと、遺跡のような場所にいて、頭上には壮大な星空が…地下に落ちたはずなのに…
不思議に思いながら脱出口を探していると、彼は一人の少女と出逢います。
彼女の名はヒリス。この遺跡の番人であり、ここから脱出する為にはこの遺跡の謎を解き明かす必要があると言います。
彼女の助けを借りながら遺跡の謎を解き明かし、出口を探すダーク。そして次第に解き明かされていく真実。
この遺跡は一体…そしてヒリスの正体は…

テーマの詳細

このテーマの属性と分類に関する詳細データ。

  • 人数:2〜8
  • 時間:60分
  • テーマタイプ:冒険劇、物語の謎解き類、操作系ギミック
  • 物語の時代背景:ヨーロッパの大航海時代
  • 物語の内容:中程度
難易度係数:
4/5
シーンの雰囲気:
5/5

シーンの室内写真

*各テーマは店舗の装飾によって異なりますが、全体的なテーマのスタイルは同じであることに注意してください。

テーマストーリーの背景

ゲームを開始する前に、プレイヤーは物語がどのような環境で行われるのかを知る必要があります。

炎熱で静かな昼下がり、外からはセミの鳴き声が聞こえてきます。ある病院の病室の中。ベッドに横たわる一人の男性と、彼のチームメンバーたちは間もなく救助隊によって発見され、救出されました。ダークは北極の探検隊の一員であり、前回の任務でチームは嵐に遭遇し、ダークと数人の仲間が偶然にも氷河の割れ目に落ちてしまいました。彼が再び人々に発見されたとき、彼はすでに息も絶え絶えでした。警察は事故の真相を調査するために病院にやってきて、ダークに詳細な経緯を尋ねます。

「刑事さん、その少女はどこにいますか?彼女は怪我をしていませんか?」

「……」

警察は、目の前の人から尋ねられた質問を理解できませんでした。

「あなたが言っているのは、他の遭難者のことですか?」

「いいえ、違います。その子は俺たちのチームの一員ではありません。16、17歳ぐらいに見える少女です。彼女が口にした「スターファンの遺跡」と呼ばれる場所に落ちたのですが、他のチームメンバーの痕跡は見つかりませんでした。皆、無事なんでしょうか?」

「残念ながら、あなた以外の他の人の行方はわかりませんでした。」

「そうですか…」

沈黙の間、警察は自身の疑問を提起します。

「ダークさん、あなたが言っている遺跡は?北極の探検中に発見された遺跡ですか?」

「はっきりとは言えません。なぜなら、俺はその場所で寒さを感じませんでした。俺を見つけたのなら、その場所も見つけられたはずです。」

警察たちは互いを見つめ合い、目の前の人物の言葉に戸惑っています。

「捜索隊があなたを見つけたとき、探検基地から100メートルほど離れた場所にいたのです。」

警察は自身の疑問を続けます。

「そう言っているということは…ご自身で戻ってきたのではないですか?」

警察の言葉に驚いたダークはしばらく黙って考え込み、つぶやくように言いました。

「そうですか…じゃあ約束を果たしたということか・・・。」

「ダークさん、大丈夫ですか?」

一人呆然としている表情に対し、警察は心配そうに尋ねました。

「事故が起きたその夜、俺たちは予定通りに帰還しようとしていました。その時突然激しい嵐が襲ってきました。道中の氷河に巨大な割れ目が生じ、俺たちは予定通りには帰れなくなりました。割れ目の周囲を辿って帰路を探し、突然、足元の氷河が割れてしまい、俺は…俺はその下に落ちてしまったんです。」

このテーマで予約できる店舗

以下はこのテーマを予約できる店舗のリストです。

店舗住所:神奈川県横浜市中区山下町220−45−東源ビルB1階
電話:045-306-9930
メール:service@darkescape.jp

その他のテーマ一覧

以下の別テーマの詳細を紹介します。